音楽学部・短大音楽科ウェブサイト

(C)徳島文理大学音楽学部・短期大学部音楽科. Powered by Blogger.

【音楽療法コース】マイケル・ローバッカー博士の集中講義が終了しました。

13日から17日の5日間に渡っておこなわれたマイケル・ローバッカー先生の集中講義が無事終了しました。
今回あの5日間は、Mediating Conditionsに基づいて講義が展開されていきました。初日は、学3が実施している実習についてプレゼンし、セラピーのオブジェクティブがどのようなものになるか考えることから始まりました。学生達は、システマティックに考え、ひとつひとつのピースが組み合わさって、大きな絵になることを感じている様子でした。

2日目以降は実際に楽器を用いながら、さまざまな感覚について考え、楽器を持って演奏し、最終的にはアンサンブルセッションもおこないました。
その日の午後からは、ローバッカー博士と一緒に、卒業生の勤務先であり専攻科学生のインターンシップサイトでもある施設(エルダリーガーデンさん)を訪問し、セッションの様子も見学させていただきました。


その後の3日間は、
脳科学に基づいたサプリメンタルマテリアルの適切な選び方、
音楽心理学から感覚入力と脳について、
さらに専門用語の定義と説明、
サウンドビームなどのテクノロジーについても学びました。
どんどん発展していく音楽療法への期待がさらに膨らんでいきますね!

最終日には、2日目にあった専攻科生のインターンシップのビデオを見ながらスーパービジョンがおこなわれました。
もちろん、この1週間のテーマでもあったMediating Conditionsに基づいた指導です。
今回のビデオ分析とスーパービジョンは、学生にとっては、この1週間講義内で学び知識となったMCについて、理論と実践が結びついた時間となったことでしょう。

在学生の皆さん、5日間お疲れ様でした!
また、今回も、音楽療法士として活躍している卒業生、またシェナンドー大学に留学している卒業生、たくさんの卒業生達が講義に参加するためにTBUに戻ってきてくれました。
卒業生の活躍を見たり聞いたりできることは、教員にとってこの上ない喜びですし、在学生にとってはとても刺激になりますね!
また次も、会える日を楽しみにしています。
さて、ちなみに…。
来年は、TBU音楽療法コースはコース設立20周年を迎えます!何かある…かも…!?

【音楽療法コース】ローバッカー博士来学と音楽療法集中講義のお知らせ

米国フロリダガルフコースト大学より、本学名誉博士であるマイケル・ローバッカー博士が来学します!
今回は、2018613日(水)〜17日(日)の5日間、集中講義「音楽療法論臨床Ⅱ」を開講します。

16日(土)はオープンキャンパスも開催されますので、
高校生・受験生を対象とした「音楽療法入門講座(13201450)」も、ローバッカー博士におこなっていただく予定です。
本学教員による徳島文理大学の音楽療法教育の説明もおこないます。音楽療法に興味がある方、音楽を生かした職業に就きたいという方には、ぜひ参加していただきたい!と思いますね。ニュースレター"Music Therapy & TBU"にも詳細が載っていますのでどうぞごらんください!

13日から始まる集中講義は、音楽療法士をめざす在学生対象の講義です。
今回は、「認知症患者へのミディエイティングコンディションの適用(The Applications of Mediating Conditions for Persons with Dementia )」の講義や、さらに、卒業生の働く現場へ出向き、専攻科インターンシップ生はローバッカー博士による現場での直接指導を受け、在学生はその見学をする予定となっています。
待ちに待ったローバッカー博士の講義、今から楽しみですね!卒業生の皆様で参加をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

新入生宿泊セミナーに行ってきました。

2018年度も始まり、一緒に音楽を学ぶ新入生が入学してきました。
先日、4月14日・15日に、毎年恒例の大学行事、遍路ウォークと新入生宿泊セミナーがありました。
今年も昨年度に続き、普段同じ建物内でお隣の総合政策学部の皆さんと合同です。

14日午前中はまず、遍路ウォーク。
極楽寺から霊山寺までを歩き、遍路体験をしました。
風が少し強かったですが、天気は晴れで暑すぎもなく歩きやすい天候でしたね。








午後には淡路島へ移動し、国立淡路青少年交流の家へ。
昼食の後、さっそく研修の始まりです。
最初の研修Ⅰは総合政策学部と合同。県外出身の学生も多いことから阿波踊り体験から始まりました。鳴り物は音楽の学生が担当です。その後は総合政策学部長によるアクティブラーニング。両学部が一緒になり複数のグループに分かれておこないました。

その後2日間に渡っておこなった研修Ⅱ〜Ⅳは音楽の学生のみで実施しました。
様々な活動をおこないましたが、中でも、篠笛体験やボディパーカッションは新入生にとって初めての体験。

皆必死に、真剣に、取り組んでいましたね。

2日間の宿泊セミナーはあっという間でした。学生同士だけでなく教員も含め、皆交流を深めることができたのではないでしょうか。
集合写真の笑顔が、それを物語っていますね!皆さん、お疲れ様でした!

4年生の清さん、中田さんが「愛知ピアノコンクール・連弾2台ピアノ部門」で銅賞を受賞!



2017年12月3日(日)、

名古屋市のザ・コンサートホールで開催された

「第34回愛知ピアノコンクール/

連弾・2台ピアノ部門」において

音楽学部ピアノコース4年生の、

清穂花さん、中田日菜子さんが

見事、銅賞を受賞しました!




【管弦打楽器コース】韓国の水原(スウォン)大学に招待され演奏旅行に!

韓国水原大学を招いての交流演奏会(2016年10月)



2017年9月13日(水)~9月16日(土)まで、徳島文理大学ウィンドオーケストラの選抜メンバーが、韓国水原(スウォン)大学に招待され、演奏旅行に行ことになりました。

2015年に続き、2度めの訪問演奏となります。

昨年2016年10月には、韓国水原大学音楽学部のメンバーを招待し、交流演奏会を開催しましたが、今年は本学音楽学部が韓国を訪問し、演奏いたします。

メンバーたちはやる気満々で、暑い中毎日出発に向けて練習に励んでいます!

韓国水原大学ホームページは、
http://jp.suwon.ac.kr/



2015年の訪問演奏会(韓国水原大学)

【音楽療法コース】第15回世界音楽療法大会に参加しました。

7月4日〜8日に茨城県つくば市で開催されたThe 15th World Congress of Music Therapy 第15回世界音楽療法大会に、音楽療法コース教員と学生数名で参加してきました。
3年毎に行われる世界大会。今回は日本で初めての開催となり、5日間の開催中、世界中から約2800名の音楽療法士の参加がありました。また、本学の卒業生もたくさん参加しており、皆それぞれの元気な姿を見られて嬉しかったですね。

 この世界大会には、アメリカの姉妹校シェナンドー大学からも教員・学生が参加していましたので、2日目の夜には両大学の教員・学生同士が交流する食事会を行いました。教員・学生・本学卒業生合わせて、なんと総勢24名!
食事会ではまず、お互いの国家を歌い、そして事前に用意していたA3サイズ資料を使って、紙芝居風で「TBUとSUの姉妹校交流の歴史」を紹介し、また、景品がお土産となるくじ引き大会もおこないました。英語による会話を心配していた学生・卒業生も、終わる頃にはすっかり仲良しになっていましたね。


大会5日目には、本学卒業生2名と教員によるポスター発表がありました。

「Effects of music therapy on pain relief and relaxation of hospice patients/ホスピスにおける音楽療法介入の効果−痛みの緩和とリラクセーションの促進」
たくさんの人が見に来てくださり、また興味を持って質問してくださいました。もちろん在学生や卒業生もかけつけて、皆で記念写真も!
世界における最新の音楽療法実践や研究、各国の音楽療法士との交流など、この5日間を通して貴重な経験と情報を持ち帰ることができました。今後はそれらを、在学生の皆様と地域の皆様にどんどん還元していきたいと思います。
ちなみに、8月4・5日に開催される本学オープンキャンパスの模擬授業「音楽療法入門講座」の中でも、この世界大会の内容について少し触れる予定としています。

- Copyright © News&Topics - TBU Music Faculty -